Scratch(スクラッチ)

Scratchは,世界的に一番有名と言っていいほどのプログラミング教育教材です。

もともとマサチューセッツ工科大学のMITメディアラボが開発したものですが、日本語にも対応しています。

操作方法は、ブロックを組み合わせて、動物などのキャラクターを動かしていくだけですが、論理的思考がしっかり養われます。

カラフルな色使いも特徴で、子どもたちも飽きずに学習することができます。

 

Code Studio(コードスタジオ)

Code Studioは、ロジックのブロックを操作させることによってプログラミングの基本概念を教える。適切な順番に並べることで、キャラクターを動かしたり、図形を描いたりできる。

Java Scriptで書かれたコードを見ることができるため、大人になっても使えるプログラミングスキルが身に付きます。

小学生から高校生までの生徒向けにパズルベースのレッスンプランがあるのも特徴です。

 

BitsBox(ビッツボックス)

BitsBoxは、元Googleの二人の社員が制作した子供用プログラミング教育教材です。

JavaScriptコードを実際に打ち込み、サイト上でグラフィックやサウンド、色、速度、サイズといった要素をコードをいじって自由に変更することができます。

そしてその完成したアプリのQRコードを、スマートフォンやタブレットで読み込めば、スマートフォンやタブレットでアプリゲームとして楽しむことが出来ます。